忍者ブログ
ファンフィクサイトのmemo。多分煩悩だらけ。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
902  901  900  899  898  897  896  895  894  893  892 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末、昼間の暑さ、すごかったです~~~~~!
で、夜の今は窓から寒い風がぴゅうぴゅう入ってくるのであわてて窓を閉めなければならないんですよ
うん、この差の激しさこそ北海道の夏!
夏にキャンプしてもね、昼は焼け焦げてジリジリになるけど、夜は火の回りに集まって上下しっかり着込んであったかいものをたっぷり飲みます
暑いのも寒いのも苦手、というわがまま人間ですが、やっぱり夏はこうでなくちゃと思います
貴重な短い夏
はふ

ゼロサム、ゼロサム、えへへへへ!ですね!>由宇さん
いやね、日記を拝見していて、もうもうおしゃべりのメールをお送りしたくてたまらなかったのですが、やっぱりこれは他人の言葉なんかで読むよりも本物を最初に読むのが幸せだ!と我慢してました(笑)
烏哭もひそかに大好きなので、もう、いろいろが重なって堪らなかったです
ああ・・・・でも、でも、長かった!
ここからどう展開してくるのか、ものすごく楽しみですね^^

2日続きの暑さにへばって今日はたっぷり昼寝をしてしまいました
そういえばこちらはサミット・サミット・サミットな感じなのです
昨日は札幌駅まで出たのですが、ニュースで見たとおりにコインロッカーは閉められていて、どこからか応援のお巡りさんをちらほら見かけました
3時に大通りで用事が終わった家族1名は駅で合流するまでにデモの人たちにまざってしまって、ちょっとスリリングだったそうです
ヘリも何機も飛んでたなぁ

でね、どうして駅に行ったかというと
えへへ、シネマフロンティアで「クライマーズ・ハイ」を見てきたわけですよ♪♪
原作がとても面白く、でも、果たしてこれは映画としてどう絵にしてくるのだろう????だったので、ちょっとドキドキしてたのです
堤さん演じる悠木さんに会えるだけで十分でもあったのですけどね(笑)
で、感想として、堤さん、予想通りの味わいでした
そして、堺さん、かなりいい役&雰囲気でした
なので、大満足です
ただ、やはり映画化するにあたって原作から削られたもの・変えられたものはいくつもあり、「お?ここでこう〆てしまうのか」と感じはしました
これは原作ありの映画にはどうしてもつきものですよね
うん、やっぱり映画を見てから原作を読む、という方がより両方とも楽しめるコツなのかと再認識しました
いえ、結局、ちゃんと両方楽しんではいますけれど

ええと・・・・先日別ブログで京極映画を語ったときにも言っちゃったのですが・・・・
堤さんのプロモとしてみるならば、これまた見所はたっぷりありましたよ^^
堺さんファンにもたまらなかったんじゃないかな
あと、わたしは社会部の部長さん(名前忘れた)が思いがけず印象に残りました
ええとね・・・・等々力部長
あと、田沢さん、岸さんもイメージどおりでした
マギーさんはどんな作品でも自然な演技をされますね

映画化、わたしにとって一番インパクトがあったのが「山」でした
ジャンボがおちた御巣鷹ではなくて、衝立岩の方!
超えられない「ハング」というのがどういう感じのものなのか山登り経験ゼロの自分には原作を読んだだけではわからなかったのですが、映画のおかげで鑑賞中は手に汗を握らせてもらいました


お昼はマザー・リーフでバナナ・チョコ・ワッフル♪♪
焼きたてワッフル&冷たいアイスクリームが最高でした
ここは紅茶もちゃんとおいしいので安心
ウバ、爽やか~


こんな感じに楽しい土曜日、そして今日は洗濯を一山とお昼寝
先日のルッチ効果、そして最遊記効果とあわせてかな~りリフレッシュできたと思います(笑)
恐怖の月初めも過ぎたし、何か書きたくてむずむずしてきました
書けないじれったさも今夜は楽しいです


拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
最新CM
(05/23)
(05/23)
無題
(07/30)
(07/06)
無題
(06/30)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
hanipyon
性別:
女性
自己紹介:
お絵描きに憧れ続ける駄文書きが元気のもと

バーコード
"hanipyon" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]